自己判断ではなく病院で診断を受ける|うつの症状を的確に治療する

治療法を決める

相談

うつ病と診断されたら、通院か入院による治療を進めていきます。通院は比較的症状が軽い場合に、入院は症状が進行した場合がよいとされています。そして、うつ病の薬物療法では、内服により起こったことをしっかり医師に説明すべきです。認知行動療法では医師に自分のストレスの考え方を説明することが大切でしょう。

詳しく見る

知っておきたい、心の病気

下を向くレディー

うつ病は行動、意欲、感情の疾患です。診断では、医師は患者の訴えを傾聴する工夫が必要となっています。新型のうつ病や更年期障害に合併するうつ病など、近年この疾患に関心が高まっており、精神科医の増加など治療環境は改善されている。

詳しく見る

気分障害について学ぼう

先生

うつ病の診断には、時間をかけて問診をすることが大切です。治療は薬物療法が中心となりますが、場合によっては薬効より副作用が先に発現することがあるのです。うつ病の急性期には、家族が食事を手伝ったりといったことが重要です。回復期に入ると、社会復帰を焦る患者もいるので、焦らないでよいことを伝えることが必須です。

詳しく見る